JBP041 特集:MLB2006年、がっかり、びっくりランキング

Listen to this podcast - Vol. 41
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 41

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-09-06)

  • 第10回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(後半)
  • 今年期待を裏切ってがっかりさせられた、または予想以上に活躍し、良い意味で泥いた選手ランキング
  • 「がっかり」第4位:ジョッシュ・ベケット (レッドソックス)、「びっくり」第4位:ジョナサン・パペルボン (レッドソックス)期待された若手投手、両方とも25歳。
  • 「がっかり」第3位:トロット・ニクソン (レッドソックス)、「びっくり」第4位:ノマー・ガルシアパラ (ドジャーズ)契約最後の年、与えられたチャンスをものにできたか?
  • 「がっかり」第2位:デレク・リー(カブス)、「びっくり」第2位:ジャメイン・ダイ(ホワイトソックス)この二人とデイビッド・オルティス(レッドソックス)の意外な共通点。
  • 「がっかり」第1位と「びっくり」第1位はポッドキャストを聞いてのお楽しみです!
  • 今年期待以上の活躍をした選手について、少し変わった視点からチェックを入れてみました:「選手の年棒」
  • 今シーズン大活躍で年棒も40万ドル以下の9選手。
  • チェン・ミン・ワン(王健民、ヤンキース) ジョナサン・パペルボン(レッドソックス) ケビン・ユーキリス(レッドソックス) ライアン・ハワード (フィリーズ) マーカス・ティムス(タイガース) ジャスティン・モンロー(ツインズ) フランシスコ・リリアーノ (ツインズ) ジョッシュ・ジョンソン(マーリンズ) ジョー・モウアー(ツインズ)
  • ヒット1本の値段は? 1本約2614ドルの選手から1本約17万8472ドルの選手まで
  • ホームラン1本の値段は?1本6698ドルの選手から1本約90万ドルの選手まで
  • 投手の1勝分の値段は?1勝2万7250の選手から1勝約196万ドルの選手まで
  • その点年棒の高いアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)、バリー・ボンズ(サンフランシスコ・ジャイアンツ)、マット・クレメント(レッドソックス)ロジャー・クレメンス(アストロズ)などはがっかりさせられた選手か?
  • 今日の音楽:ミルウォーキのファンクバンドRoadTripでThe Chocolate Song (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP041.mp3
  • 来週の収録のお題は「ダイゴとひろの2006年プレイオフ予想」。あなたの予想も是非コメント、またはメールにて教えてくださいね。ベースボールカードのプレゼントもまだやってます。

JBP040 アニバル・サンチェス、大塚31セーブ、松井秀喜復帰直前など

Listen to this podcast - Vol. 40
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 40

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-09-06)

  • 第10回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(前半)
  • フロリダ・マーリンズの22歳、アニバル・サンチェスがノーヒットノーラン達成。
  • ジョナサン・パペルンボンの肩に異変が!今季絶望も?
  • ケビン・ジャービス、なんとメジャー10球団目!10球団渡り歩いた現役選手が他に3人。ケニー・ロフトン(LAD)ロン・ビローン(NYY)リック・ホワイト(CIN)。8,9球団わたった選手達も。
  • 大塚31セーブ。日本人30セーブ以上は大魔神佐々木選手以来の快挙。
  • 松井秀喜、12日の対デビルレイズ戦(ヤンキースタジアム)で復帰か?
  • 松井稼頭央についてカズオマンさんから、A-RODについてS.Mさんから、デイビッド・ウエルズについて仙台SOXさんからのお便り
  • 各部門の成績上位者紹介。ライアン・ハワード、今週も打ちまくってますヨ。ヨハン・サンタナ、とうとう3部門でトップに!
  • 今日の音楽:ジョージア州ののアコースティックバンドGrayson HillでOde to you (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP040.mp3
  • 来週の収録のお題は「ダイゴとひろの2006年プレイオフ予想」。あなたの予想も是非コメント、またはメールにて教えてくださいね。ベースボールカードのプレゼントもまだやってます。

JBP039 特集:日本でプレイした外国人選手について

Listen to this podcast - Vol. 39
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 39

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-08-30)

  • 第9回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(後半)
  • ダイゴの印象に残った選手:クロマティ、バースとホーナー。「燃えプロでバントホームラン」。
  • ひろのリサーチ:日本でホームランパッターとして活躍した選手達は、実はメジャーではあまり打ってない。
  • 例を挙げると、アレックス・カブレラ (西武ライオンズ)、ラルフ・ブライアント(中日ドラゴンズ/近鉄バッファローズ)、ランディ・バース (阪神タイガース)やタフィー・ローズ (近鉄バッファローズ/読売ジャイアンツ)など。
  • アメリカで300本以上打って、その後日本に移籍した選手達は3人いる。
  • セシル・フィルダー (阪神タイガース) 、レジー・スミス (読売ジャイアンツ)とフランク・ハワード (太平洋クラブ)。
  • ラリー・パリッシュ (阪神タイガース/ヤクルト・スワローズ)は現在マイナーリーグで優秀な監督として活躍中。
  • 日本でプレイした選手でメジャーの監督になった選手達。ケン・モッカ、ドン・ジマー、チャーリー・マニュエルなど。
  • 元阪神リッチ・ゲール、その後レッドソックスで投手コーチに。
  • すごい記録をもって日本に来た投手は少ない。
  • 中日ドラゴンズでプレーしたドン・ニューカム(149勝90敗)と、読売ジャイアンツでプレーしたビル・ガリクソン(162勝136敗)。
  • オレステス・デストラーデ (西武ライオンズ)について。
  • 日本に来て大化けした選手 ブーマ・ウェルス (阪急・ダイエー)ほか。
  • 期待が大きかった割に活躍できなかった選手ゲイブ・キャプラー(巨人)ほか。
  • 来日当初にあまり期待されなかったものの、その後大活躍した選手として、レロン・リー(ロッテ・オリオンズ)とレオン・リー (ロッテ・大洋・ヤクルト)の兄弟が有名。
  • 日本でプロ野球が始まった頃にプレーした、日系アメリカ人若林忠志(阪神や毎日)。 通算成績は237勝144敗(防御率は1.99!)。そのピッチングは「七色の変化球」と呼ばれた。
  • ヴィクトル・スタルヒン(ロシア生まれ)は日本プロ野球史上初の300勝投手。
  • メジャー黒人第2号、ラリー・ドビー(中日)。
  • 今日の音楽:カリフォルニアのポリティカルパンクバンドAnti-FlagでTurncoat (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP039.mp3
  • 来週の収録のお題は「今年期待を裏切った、または予想以上に活躍した選手ランキング」。シーズンも後半、この選手が活躍してくれれば…という選手がいたら是非コメントにて教えてください。まだベースボールカードのプレゼントもやってます。