JBP177 ヤンキースファンがフェンウェイパークにまいたモノ ランディ・ジョンソンが45歳にして通算300勝を達成! ハミルトンを悩ます怪我と過去の関係とは?

Listen to this podcast - Vol. 177
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 177

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2009年6月10日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録137回目
  • フェンウェイパークに新たな呪いが?バーモント州在住のヤンキースファンがフェンウェイパークにまき散らした「どえらいもの」とは?まさか、こんなものまで通販で購入できるとは知りませんでした…。
  • シアトル・マリナーズのイチロー選手、連続試合安打記録が「27」でストップするも、ついに打率部門でメジャートップに浮上。この計算でいけば、おそらく今年も200安打は成功しそうですが、シーズン終了後のヒット数はいったい何本くらいに?
  • 頑張るもう1人の日本人選手で紹介したいのが、レッドソックス傘下の2Aポートランドでプレーする田澤純一投手。すでに7勝を見せる活躍も、メジャー昇格は秋頃になるだろうとの見方も。
  • サンフランシスコ・ジャイアンツのランディ・ジョンソン投手が45歳で通算300勝を達成!この年齢での記録達成はメジャー史上2番目となるんですが、いやはや今後こういった記録は出てくるのでしょうか?投手の分業化がすすみ、投球数制限などが厳しくなった今のメジャーリーグで300勝を記録するのは本当に大変そうです。
  • マリナーズ時代にはイチロー選手と同じ背番号「51」をつけていたジョンソン投手。コントロールがあまり良くないという印象があるものの、実はロジャー・クレメンスやサンディ・コーファックスよりも制球力があるのだという指摘も。
  • ベテランといえば、42歳のオマー・ビスケル選手もテキサス・レンジャーズで存在感をアピール。一部報道ではショートの補強を真剣に考えるレッドソックスが獲得を狙っているとも伝えられており、近いうちに赤と白のユニフォームを着る可能性も?
  • そのレンジャーズでスラッガーとしてさらなる飛躍を期待されているジョッシュ・ハミルトン選手が怪我で再び戦線離脱。数年前にドラッグ中毒から完全に立ち直り、全米で喝采を浴びたハミルトン選手。過去の麻薬使用が、怪我しやすい体を作ってしまったのではというショッキングな報道も。
  • 対ヤンキース戦の連勝記録を「6」にまでのばしたレッドソックス。不振が続き、一時は年齢詐称疑惑まで報じられたデービッド・オルティス選手に少しずつ復調の兆しが。
  • 今週の成績上位者チェック
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:交流戦がいよいよスタート。12日からはメッツ対ヤンキースの3連戦、レッドソックス対フィリーズの3連戦などがスタート。
  • 今週の音楽:サウスキャロライナ州出身のパンクバンドThe Fire Apesで「Hey Kate!」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP177.mp3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です