2009年7月のアーカイブ

JBP182 松坂のコメントに賛否両論のレッドソックス・ネーション マダックスの再来と呼ばれる左腕が大リーグ新記録の45連続アウトを達成 ピート・ローズ氏の復権は夢物語?

2009年7月30日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 182
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 182

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2009年7月29日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録142回目
  • 7月14日にミズーリー州セントルイスで開催されたオールスターゲーム。始球式に登場したオバマ大統領のファッションに2つのイケてないポイントが…。ジーンズは笑い話ですんでも、ホワイトソックスのジャンパーはやっぱりマズかったのでは?
  • 偽りのない本音?それとも翻訳の際に生じた誤解?日本のウェブサイトの記事に掲載された松坂大輔投手のコメントをめぐって、ボストンの地元メディアが批判を展開。レッドソックスの首脳陣も投手とコーチの会話の内容をメディアに語った松坂投手に対して、不快感を隠せない様子。
  • インタビューの内容をめぐって、レッドソックスファンの間でも賛否両論で、ボストングローブ紙の掲示板には「日本時代にあれだけ活躍できたのは、日本式の調整法を続けていたからで、日本時代の輝きに魅了されて松坂獲得に踏み切ったレッドソックスは日本式の調整法も尊重すべき」といったアメリカ人の書き込みもあったものの、全体的に厳しい意見が少なくないのも事実。
  • 7月23日に完全試合を達成したシカゴ・ホワイトソックスのマーク・バーリー投手、28日の試合でも6回2アウトまで連続アウトを取り続け、45連続アウト(18日の試合途中から)のメジャー新記録を樹立!ドラフト38巡目でホワイトソックスに指名されたバーリー投手も、今ではホワイトソックスの立派な「顔」。コントロールの良さからグレッグ・マダックスの再来とも。
  • リッキー・ヘンダーソンとジム・ライスの両氏がついに野球殿堂入り!ボストン・レッドソックスはライス氏が現役時代につけていた背番号「14」をさっそく永久欠番に。
  • そんな中、殿堂入り選手達からメジャー史上最高の安打製造機として知られるピート・ローズ氏の復権を求める声が。監督時代に野球賭博に関与したとして永久追放処分を受けたローズ氏を擁護する意見に加えて、禁止薬物を使用してホームランを量産した選手達に対する厳しい意見も。コミッショナーはこの問題について口を閉ざしたまま。
  • 今週の成績上位者チェック
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:週末に予定されているヤンキース対ホワイトソックスの4連戦は要チェック。そして7月31日のトレード・デッドラインを前に大物選手の移籍はあるのでしょうか?
  • 今週の音楽:北カリフォルニア出身のシンガーソングライターBrett Dennenで「Shes Mine」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP182.mp3

JBP181 ホワイトソックスが全米のスポーツファンに紹介したあの名曲地元開催のオールスターでプホルスは爆発するか? ウェイクフィールドの球宴出場に賛否両論

2009年7月9日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 181
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 181

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2009年7月9日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録141回目
  • アメリカでスポーツ観戦する際に耳にする「ナナ・ナナ・ナナ・ナナ・ヘイヘイヘイ・グッバイ~」という歌。実はシカゴ・ホワイトソックスの本拠地でオルガンを演奏している女性が人気の火付け役だったんです。
  • いよいよ来週14日にセントルイスで行われるメジャーリーグのオールスターゲーム。ア・リーグもナ・リーグも物凄い顔ぶれになっていますが、常連だったマニー・ラミレスとアレックス・ロドリゲスの2選手は出場せず。メジャーでも最高クラスの高給取りが、色々な事情でオールスターに出場しないのは、なんとも皮肉な話。
  • もともとはシカゴで行われた万国博覧会を盛り上げるために実施されたというオールスターゲーム。もう70年以上前の話なんですが、今年のオールスターはそのシカゴから少し離れたセントルイスで開催。今季絶好調のアルバート・プホルス選手はどのくらいの活躍を見せてくれるのでしょうか?
  • メジャーデビューから17年目にして初めて球宴への出場が決まったボストン・レッドソックスのティム・ウェイクフィールド投手。稀代のナックルボーラーの出場に喜ぶファンがいる一方で、防御率4点台の投手がオールスターゲームに出場する事を疑問視するファンも。
  • 今週の成績上位者チェック
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:一番の注目イベントといえば、やはり14日にミズーリー州セントルイスで行われるオールスターゲーム!12日に行われるフューチャーズゲームではあの田澤純一選手も出場予定。
  • 今週の音楽:ロサンゼルスのロックバンド、Oh No Not Stereoで「Let’s Get It Started」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP181.mp3

JBP180 最後の「42番」が達成した500セーブの偉業 33歳はスラッガーにとって気になる年齢? 好調レッドソックスがボルチモアで見た悪夢

2009年7月3日 金曜日

Listen to this podcast - Vol. 180
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 180

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2009年7月1日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」収録140回目
  • 凄かったです、アメリカ代表!といっても、サッカーの話ですが…。南アフリカで行われた国際大会で決勝まで進出し、世界チャンピオンのブラジルに惜しくも敗北。アメリカ代表を攻撃面で引っ張ったのが、ストリートでサッカーを学んだクリント・デンプシー選手。「野球の郊外化」が進むアメリカでは野球のプレー経験のない子供たちが都市部に急増していますが、そういった子供たちに野球をプレーする機会を与えようと頑張る団体もあるんです。
  • ニューヨーク・ヤンキースのマリアーノ・リベラ投手が史上2人目となる通算500セーブを達成。数年前には限界説がささやかれたリベラ投手、今年で40歳になりますが、その投球術はまだまだ健在です。
  • リベラ投手といえば、現在メジャーリーグで42番の背番号をつける唯一の選手。ジャッキー・ロビンソンの功績をたたえて背番号「42」がメジャーリーグ全体で永久欠番に指定されたのが1997年。その前から42番をつけてプレーしているリベラ投手は、メジャーリーグで一番最後に背番号42をつけてプレーする選手でもあります。
  • ミッキー・マントルも、セシル・フィルダーも、デービッド・オルティスやアレックス・ロドリゲスも直面した厄介なジンクス…。スポーツ・イラストレーテッド誌のコラムニスト、メジャーリーグでプレーする野手の多くが33歳を迎えるシーズンに成績が急降下するケースが多いと指摘。
  • なんとも後味の悪い試合でした…。6月30日に敵地ボルチモアでオリオールズと対戦したボストン・レッドソックス、7回の表終了時点で10-1のリード。誰もがそのままレッドソックスの勝利を確信していたはずなのに、試合が終わってみれば9点差をひっくり返される大逆転負け…。
  • ボルチモアのカムデンヤードといえば、2001年に当時レッドソックスでプレーしていた野茂英雄氏がノーヒット・ノーランを達成した場所。レッドソックスファンにとっては縁起のいい場所だったはずなのに、野球は本当に最後まで分かりません…。
  • 今週の成績上位者チェック
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:50試合の出場停止処分を受けていたロサンゼルス・ドジャーズのマニー・ラミレス投手が3日に復帰予定。オールスターゲーム出場選手の発表も間もなくです。
  • 今週の音楽:ボストンのシンガーソングライターPhil Ayoubで「4th District Court of Bristol County」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP180.mp3

MLBブログロール

ここに自分のメジャーリーグ関連ブログをのせて欲しいと言う方は大湖まで一言メールください。

Locations of visitors to this page