2008年11月のアーカイブ

JBP154 頭脳派ピッチャーの「計画的な」引退劇 キューバ出身のスーパーエリート選手がいよいよMLBデビュー インド人陸上選手はクリケットではなく野球で頂点を目指す

2008年11月27日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 154
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 154

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年11月26日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録115回目
  • ニューヨーク・ヤンキースのマイク・ムシーナ投手が引退を発表!20勝以上をマークした投手がその年に引退を発表するのは1966年のサンディ・コーファックス以来。メジャー史上2位となる17年連続2ケタ勝利の大記録を持つ頭脳派投手が迎えた最高のフィナーレ。
  • 1990年のドラフトでボルチモア・オリオールズに入団したムシーナ投手。この年のドラフト1順目にはチッパー・ジョーンズやカール・エバレット、トニー・クラークといった名前も。ちなみに同じ年に日本で行われたプロ野球のドラフトでは、長谷川滋利や高津臣吾といったのちにメジャーリーグで活躍する選手が登場しています。
  • 米メディア、「今年の日本人FA選手にあまり大物はいない」と報道。日本を代表する2人のエースピッチャーよりも、社会人野球のスター選手が注目される今年のメジャー移籍市場。日米のメディアともに「飛ばしすぎ」では?
  • 米国内の景気の停滞もあって、メジャーリーグでは選手の年俸をめぐって、格差社会化が進行中。そんな中、シカゴ・ホワイトソックスはキューバから亡命してきた19歳の3塁手と総額1100万ドルで契約。
  • このダヤン・ビシード選手、14歳でキューバ代表に選ばれ、16歳でキューバ国内リーグのオールスターにも選出されたという野球界のスーパーエリート。スペイン語圏出身者が多いホワイトスックスだと、異なる環境に慣れるのもそんなに時間はかからない?
  • クリケットの強豪国インドからメジャーリーガーが誕生?インドのテレビ番組の企画で渡米し、アメリカ人コーチから野球のレクチャーを半年間受けた2人のインド人槍投げ選手、トライアウトを経てピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約!
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:12月1日周辺に田澤選手がいよいよ移籍先を発表か?有力な移籍先はやはりレッドソックス?
  • 今週の音楽:ニューヨークのパンクバンドDiceで「Blieve」
    。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP154.mp3

JBP153 ウェイクフィールドの後継者は16歳の女子高生? ペドロイアは引退までに幾つのタイトルを獲得できる? 捕手出身のワカマツ監督によって城島選手はブレイクできるか?

2008年11月20日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 153
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 153

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年11月19日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録114回目
  • 16歳の吉田えり投手、来年から関西独立リーグの神戸9クルーズでプレー。ナックルボールを武器に、16歳の女子高生がプロとしてマウンドに登場!サイドスローのナックルに興味津々。
  • ア・リーグMVP、ナ・リーグMVPはダスティン・ペドロイア選手とアルバート・プホルス選手がそれぞれ受賞!ルーキーイヤーの昨年、見事に新人賞を獲得したペドロイア選手。2年目ですでにMVPを受賞し、来季からは完全にレッドソックスの主力です!
  • ア・リーグのサイ・ヤング賞はクリーブランド・インディアンズのクリフ・リー投手に決定。昨シーズンはマイナー降格まで経験したリー投手の見事過ぎる復活劇に脱帽。
  • 今年も日本人選手のメジャー移籍が大きな話題に。社会人野球を経てメジャーリーグでのプレーを目指す田澤純一投手に加えて、FAとなった川上・上原の北京オリンピック組、さらには大ベテランの高橋建選手も来季はアメリカでプレー?
  • 日系4世のドン・ワカマツ氏、シアトル・マリナーズの次期監督に決定。アジア系では初となるメジャーリーグの監督がついに誕生。このワカマツ氏ってどんな人?
  • ワカマツ氏がキャッチャーとしてシカゴ・ホワイトソックスでプレーした1991年といえば、ダイゴもヒロもまだ高校生でしたが、この年のタイトルホルダーには日本プロ野球とも関係のある選手達の名前がありました。
  • ケン・グリフィ選手、首都ワシントンで現役選手としては異例となる「公共外交特使」に任命。アメリカの対外的なイメージを改善するために、来年1月初旬にライス国務長官とパナマを訪問。
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:20日に日本人FA選手と各球団との交渉が解禁に。来週はアメリカは感謝祭ウイークに突入。サンクスギビング・デーの周辺に大物選手の移籍が決まる可能性も。
  • 今週の音楽:ファンク界の伝説のアーティストジョージ・クリントンで「Ain’t That Peculiar」
    。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP153.mp3

JBP152 「フジワラ伝説」は来年以降も続く? サイ・ヤング賞は新星リンスカムの手に オバマ大統領誕生によって大物選手の契約が早くまとまる?

2008年11月13日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 152
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 152

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年11月3日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録113回目
  • 2つのサプライズ!今週のポッドキャストは「フジワラ伝説」からスタート。2004年と2007年にレッドソックスの春季キャンプを取材し、2008年春には埼玉で西武ライオンズを取材したダイゴ。それぞれの国で取材対象となったチームがナンバーワンになったのは単なる偶然?
  • もう1つのサプライズといえば、初めて生で観戦したソフトボールの試合でノーヒットノーランの目撃者となったヒロ。ソフトボールのピッチングの組み立てを初めて見て、感動しました!
  • 今年のサイ・ヤング賞はサンフランシスコ・ジャイアンツのティム・リンスカム投手に決定。勝利数ではブランドン・ウェブ投手が、防御率ではヨハン・サンタナ投手がリードしていたものの、安定度の高さで野球記者にアピールか?
  • コロラド・ロッキーズのマット・ホリディ選手がトレードでオークランド・アスレチックスに電撃移籍!ホリディ選手は1年後にFAでオークランドを離れる可能性大との報道も。
  • トレードでコロラドに移籍してきたのがヒューストン・ストリート選手を含む3選手。「マネーボール」で知られるアスレチックスの現体制で、リプケンやジターのような「チームの顔」を期待するのは難しい?
  • 80年代に中日ドラゴンズでプレーしたケン・モッカ氏がミルウォーキー・ブリュワーズの監督に就任。モッカ氏のように日本で選手としてプレーし、メジャーリーグの監督になったひとはすでに13人いるそうです。
  • 第44代大統領に就任するバラック・オバマ氏。以前から公約に掲げていた高額所得者に対する増税実施が原因で、今シーズンオフの大物選手の契約は全て年内に決まる?
  • 世界的な「オバマ・フィーバー」によって、2016年のシカゴ五輪開催と野球のオリンピック競技復活に光明?
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:今週金曜日からFA選手と全球団との間で行われる交渉が解禁!17,18日にはア・リーグとナ・リーグのMVPも発表。
  • 今週の音楽:ニューヨークのロックバンドThe Crash Modernsの曲で「This Time」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP152.mp3

JBP151 ワールドシリーズの開催地を巡る議論 常勝軍団に変貌を遂げたレイズにあの大物クローザーが加入? グリフィーとイチローの競演がついに実現?

2008年11月4日 火曜日

Listen to this podcast - Vol. 151
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 151

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年11月3日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録112回目
  • ヒロは東京でソフトボール選手達と飲み比べ。ソフトボールに野球以上の変化球が存在すると聞いてビックリ。そういう話を聞くと、また友達とソフトボールをやってみたくなりました。
  • 46時間ぶりのプレー再開と密度の濃い2.5イニング…。フィラデルフィア・フィリーズが28年ぶりにワールドシリーズを制覇。失意とともにヒューストンからフィラデルフィアにやってきた抑えのリッジはワールドシリーズでも見事なプレーを披露。
  • 雨天が原因で46時間も中断となったワールドシリーズ第5戦。ニューヨーク・タイムズ紙はMLB機構がワールドシリーズの中立地開催を将来実施する可能性があると報道。
  • FA、そしてトレードによる大物選手の移籍に関する噂が一気に浮上してくるのもこの季節の風物詩。今年もミルウォーキー・ブリュワーズ大躍進の原動力となったC.C.サバシア投手や、スイッチヒッターのスラッガーとして知られるマーク・ティシエラ選手といったビッグネームの周辺でマネーゲームが展開?
  • まさかとは思いますが…。「Kロッド」ことロサンゼルス・エンジェルズのフランシスコ・ロドリゲス選手がタンパベイ・レイズに移籍する可能性もわずかながら存在する模様。レイズのマドン監督との関係が良好なことから、金銭面で折り合いがつけば、シーズンオフ最大のサプライズになるかも?
  • シカゴ・ホワイトソックスから事実上解雇されたケン・グリフィ選手のシアトル・マリナーズ復帰説が浮上。来季はイチロー選手との夢の競演が見られるかも。
  • 年俸調停が必至となったプリンス・フィルダー選手はミルウォーキーを離れて、東海岸でプレー?
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:GM会議がいよいよスタート。その後、メディアの目は移籍市場へ。
  • 今週の音楽:LAのファンクバンドNatives of the new Dawnで「People」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP151.mp3

MLBブログロール

ここに自分のメジャーリーグ関連ブログをのせて欲しいと言う方は大湖まで一言メールください。

Locations of visitors to this page