2007年11月のアーカイブ

JBP105 激震ストーブリーグ、震源地はミネソタ? ボンズ越えに3000万ドルの大盤振る舞い 海の無いピッツバーグに生まれた海賊

2007年11月29日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 105
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 105


By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007年11月28日)

  • 「イースト・コースト・ベースボールフリークス」収録66回目
  • 感謝祭ウイークと「ブラック・フライデー」、ダイゴは恒例の七面鳥ディナーを満喫?
  • 広島からFAとなった黒田博樹投手、来シーズンプレーするチームはシアトル、それともアリゾナ?
  • 今季見事に復活した松井稼頭央選手はロッキー山脈を離れてシカゴに向かう?
  • ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手にトレードの噂。ツインズの人事異動の余波がここにも。
  • スモール・マーケットゆえの宿命か。トリー・ハンター選手のエンジェルズ移籍に引き続き、今度はエースのヨハン・サンタナ投手がチームを離れる可能性行き先はやはり東海岸のあのチーム?
  • 4年総額8000万ドルで残留を要請されたものの、そのオファーを蹴ったとされるサンタナ投手。これにより、バリー・ジト級の大型契約が実現?
  • ニューヨーク・ヤンキース残留が決定したアレックス・ロドリゲス選手、前代未聞となる3000万ドルのホームランボーナスにもサイン。
  • ピッツバーグ・パイレーツの名前の由来って、意外なところから来てるんです。
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:今週からオーナー会議がスタート。選手の移籍が活発化しそうな雰囲気。
  • 今日の音楽はロサンゼルスのシンガーソングライターBrett Mikelsで「Unlikely Messenger」です。
    (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP105.mp3

JBP104 勝率1パーセント以下というピンチに直面したバリー・ボンズ ボラス氏自身の「市場価値」に異変? ウーゴ・チャべスの野球愛

2007年11月22日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 104
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 104


By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007年11月22日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録65回目
  • 今週のアメリカは感謝祭ウイーク!こういう時って、七面鳥以外の食事もあるの?
  • 千葉ロッテ・マリーンズからFAとなった小林雅英投手、クリーブランド・インディアンズと2年総額625万ドルで契約!来シーズンは中継ぎからのスタートか?
  • 同じくマリーンズからFAとなった薮田安彦投手、カンザスシティ・ロイヤルズと交渉中と米メディア。獲得を虎視眈々と狙うチームとしてタンパベイやピッツバーグの名前も。
  • 連邦大陪審から起訴されたバリー・ボンズ選手の選手生活はジ・エンド?レイズやアスレチックスが獲得に興味を示しているといった情報も・・・。
  • ステロイド使用そのものではなく、偽証・司法妨害の2件で起訴されたホームラン・キング。2001年から2005年までの間に、連邦政府から起訴されて無罪を勝ち取ったケースは全体のわずか1パーセント。
  • 1年を通して常に話題を提供してくれる「ネタの神様」ことアレックス・ロドリゲス選手、代理人抜きでヤンキースと交渉を行った背景に全米第2位の大富豪からの助言。
  • ボラス株急落?デトロイト・タイガース残留が濃厚となっているベテランのケニー・ロジャース投手はスコット・ボラス氏を解雇して、1人で交渉のテーブルに。
  • マリアーノ・リベラ投手は3年総額4500万ドルでヤンキース残留。300勝左腕のトム・グラビン投手はニューヨーク・メッツを離れ、800万ドルの1年契約で古巣アトランタ・ブレーブスに復帰。
  • 実はものすごい野球大国ベネズエラ。今週はそんなベネズエラについて少し紹介しています。
  • A-RODが野球界の「ネタの神様」なら、国際政治における「ネタの神様」は間違いなくベネズエラのウーゴ・チャべス大統領。このチャべス大統領とキューバのカストロ議長、そして2人と犬猿の中で知られるブッシュ大統領が持つ共通の趣味とは?
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:家族みんなで七面鳥を食べるだけが感謝祭週間じゃありませんヨ!この時期に大物選手の移籍や契約がまとまる事もしばしば。ベケットしかり、シリングしかり。
  • 今日の音楽はカナダはモントリオールのシンガーソングライターMatt Sternで「Hideaway」です。
    (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP104.mp3

ECBF NEWS FLASH

2007年11月19日 月曜日

By Hirofumi Nakano 

今日から定期的にアメリカ国内のメジャーリーグ情報をピックアップして紹介しようと思います。色々なメディアのニュースを短く書き綴っていこうと思います。どちらかといえば、ポッドキャストのためのネタ帳的な意味合いが強いですが、おヒマな時に読んでみてくださいね!

  • 先週末から色々なニュースが飛び込んできましたが、まずバリー・ボンズ選手がついに起訴されたという話題。かねてから薬物使用の噂が付きまとっていたボンズ選手ですが、連邦大陪審は15日にボンズ選手を偽証と審理妨害の2件で起訴しています。ボンズ選手が有罪となった場合、最高で30年間の禁固刑が科せられる可能性もあり、来年以降もメジャーリーグでプレーできるのかは微妙な状態です。アメリカでは10月にも女子陸上界のスター選手だったマリオン・ジョーンズが過去のステロイド使用に関する法廷証言で偽証を行っていたと認め、現役を引退すると発表しています。彼女に禁止薬物を提供していたのもバルコ社でしたね…。
  • それから経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」の17日付の記事にアレックス・ロドリゲス選手に関するニュースがあり、これも要チェックです!代理人のスコット・ボラス氏抜きでニューヨーク・ヤンキースと交渉を行い、15日に年俸総額2億7500万ドルの10年契約で合意したと伝えられるA-ROD。実はこのヤンキース残留の舞台裏でロドリゲス選手にアドバイスをしたのが、カリスマ投資家として知られるウォーレン・バフェット氏だったとウォール・ストリート・ジャーナルは伝えています。

    なんでもバフェット氏とロドリゲス選手は数年来の友人だそうで、ボラス氏の強引な交渉術に引き気味だったA-RODがバフェット氏に相談したところ、「ボラス氏抜きで交渉を行いなさい」と助言されたそうです。他にもヤンキースへの投資を行っているゴールドマン・サックスの重役2人も悩めるA-RODの相談役として動いていたとウォール・ストリート・ジャーナル紙。

    投資家のバフェット氏といえば、アメリカでは「オマハの賢人」というニックネームで呼ばれていて、昨年6月から自分の資産の80パーセントにあたる約370億ドル(4兆円!)相当の株式を複数の慈善団体に寄付し始めています。あるスポーツ専門弁護士はウォール・ストリート・ジャーナルの取材に対し、「選手の市場価値を決めるのは代理人ではなく、結局は選手自身のはずです」とコメントしていましたが、ロドリゲス選手が最後に頼ったのが「吸血鬼」ではなく「賢人」だったことが興味深いです。

  • ボラス氏に関するニュースでもうひとつ気になったのが、ベテラン投手のケニー・ロジャースがデトロイト・タイガースとの交渉に一人で出席したという話。地元紙デトロイト・フリー・プレスが17日に伝えたところによると、ロジャース投手はボラス氏を16日に解雇し、同じ日に行われた球団との交渉に一人で出席したそうです。「強い代理人」を象徴してきたボラス氏ですが、ニューヨークとデトロイトであった2つの出来事が「ひとつの時代の終焉」のスタートになるのかもしれません。

JBP103 ピネラのラブコールは本物? MLBの収益は天文学的な数字に 4月に泣いて11月に笑ったペドロイア

2007年11月16日 金曜日

Listen to this podcast - Vol. 103
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 103


By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007年11月8日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録64回目
  • 13や666が縁起の悪い数字というのは有名な話ですけど、17という数字もアンラッキー・ナンバーだったとは知りませんでした・・・。
  • シカゴ・カブスのルー・ピネラ監督、FAとなり注目の集まる福留孝介選手を高評価。メジャー移籍の場合、有力な移籍先はシカゴかテキサス?
  • 黒田博樹投手にはメジャー20球団が興味との情報も。1年平均900万ドルが年俸交渉のラインか?
  • 「第2の岡島秀樹」獲得を目論むメジャー球団。東北楽天イーグルスからFAとなった福盛和男投手の獲得に乗り出した5つのチーム。
  • 2006年のMLB収益が55億8000万ドルに。1994年から4倍以上となる増加。94年に5200万ドルだった放映権料は9億3500万ドルに。
  • 12日に発表されたメジャーリーグ最優秀新人、ア・リーグは4月の低打率から3割越えでシーズンを終えたレッドソックスのダスティン・ペドロイア選手。
  • 今シーズン終了後にFAとなった11人の選手がドーピングに関与していた疑いも浮上(注:収録後にはバリー・ボンズ選手が偽証罪で起訴という一報も)。
  • A-RODは代理人抜きでヤンキース幹部と会談。これって実はボラス氏による演出?
  • 今年の移籍状況、キーとなるのは「サード」のポジション?
  • 誰もが驚いたニューヨーク・ヤンキースの大盤振る舞い。ベテランのホルへ・ポサダ選手は4年総額5200万ドルで残留決定!契約終了時には40歳に…。
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:いよいよMVPの発表があります。今年はどんな名前が出てくるんでしょうかね。
  • 今日の音楽はサザンカリフォルニアのシンガーソングライターAdrina Thorpeで「FLY FLY FLY」です。
    (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP103.mp3

JBP102 A-RODとのチャット料金は400億円? 新たな金の卵となる日本人選手は誰? カート・シリングの奇妙な契約内容

2007年11月9日 金曜日

Listen to this podcast - Vol. 102
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 102


By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007年11月8日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録63回目
  • なんなんでしょうかね、The格差社会。某証券会社の元CEOが手にする180億円の退職金と、FAしたアレックス・ロドリゲス選手の代理人が口にし始めた400億円という金額。
  • おめでとうございます!7年連続でゴールドクラブ賞を受賞したシアトル・マリナーズのイチロー選手、日本での記録を合わせると、なんと14年連続での受賞。
  • FAとなった松井稼頭央選手に対して、コロラド・ロッキーズは2年連続600万ドルを提示。
  • セントルイス・カージナルスの田口壮選手、来シーズンからは他球団でプレー?
  • 来年も日本人選手ブームは続く?「新たな斎藤隆と岡島秀樹」を求めて、各球団が日本のFA選手に熱視線。
  • A-RODと交渉するだけで400億円?前代未聞のサラリーを要求するスコット・ボラス氏にヤンキースはお手上げ状態。メジャーの高給取りは来季カリフォルニアでプレーか?
  • ジョー・トーリ政権が正式発足!本拠地をブルックリンからロサンゼルスに移して来年で50年目を迎えるドジャーズにやってきたブルックリン生まれの名将。
  • ロジャー・クレメンス投手に現役引退の可能性。来シーズンからはヒューストン・アストロズでコンサルタント?
  • このまま行くと年俸調停で来季1000万ドル以上を手にするフロリダ・マーリンズのミゲル・カブレラ、資金力に乏しい球団は苦肉の策としてトレードを実施か?
  • ミネソタ・ツインズとの契約が残り1年となったエースのヨハン・サンタナ投手にも電撃トレードの噂が浮上。
  • ボストン・レッドソックス残留が決まったカート・シリング投手。代理人を使わず、自らが交渉して勝ち取った契約内容に賛否両論。
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:新人賞やサイ・ヤング賞などが発表され、オーナー会議ではレッドソックス対アスレチックスの日本での来季開幕戦が議題に。ジョージ・ミッチェル氏のドーピングに関する報告書がいよいよ完成?
  • 今日の音楽はオーストラリア出身で現在サン・ディエゴ地域で活躍するシンガーソングライターLee Coulterで「Kim Kimmy and the Peace Protesters」です。
    (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP102.mp3

JBP101 おめでとう赤靴下軍団! 岡島秀樹が2年連続で味わった最高の酒 名将トーリは西部を目指す

2007年11月2日 金曜日

Listen to this podcast - Vol. 101
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 101


By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007年11月1日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録62回目
  • わが人生最高の瞬間!レッドソックスのワールドシリーズ制覇に引き続き、中日ドラゴンズも53年ぶりに日本シリーズ優勝!愛知県出身のダイゴが迎えたハッピーな朝。
  • 世間は狭いですよねぇ。ワールドシリーズ関連でダイゴを取材したボストンの美人アンカーはヒロのクラスメイト・・・。
  • レッドソックス、2004年に引き続き今回のWSも4タテで勝利。テリー・フランコーナ政権下でのワールドシリーズの勝率は8勝0敗でなんと10割をキープ中!
  • ターニングポイントとなったのは第2戦?接戦をモノにしたカート・シリングの経験値。
  • 異国で2年連続の美酒。昨年の日本シリーズで優勝を経験した岡島秀樹投手、今年はコロラドでシャンパンとたわむれる。
  • 2004年の再来?今年も出てきた「ウイニングボール騒動」。ジョナサン・パペルボンの靴下の中にでも入ってそうですけど。
  • A-RODの「終わりなき旅」は新たな章へ?ワールドシリーズ中に行われた代理人の発表に球界からはブーイング。
  • ニューヨーク・ヤンキースの新監督にジョー・ジラルディ氏が就任。
  • 前監督のジョー・トーリ氏は突然辞任を発表したグレイディ・リトル監督の後任としてロサンゼルス・ドジャーズ入りが有力。
  • カート・シリングの去就は?ワールドシリーズでMVPに輝いたマイク・ローウェルはボストンを離れてしまうのか?
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:FA申請のデッドラインやGM会議などに注目!
  • 今日の音楽はフロリダ州タンパベイのコメディーバンドSmallfishで「Thank you」です。
    (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP101.mp3

MLBブログロール

ここに自分のメジャーリーグ関連ブログをのせて欲しいと言う方は大湖まで一言メールください。

Locations of visitors to this page