2007年1月のアーカイブ

JBP068 アットリー契約延長。クレメンスの行方?大家、トロントへ

2007年1月25日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 68
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 68

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007-01-18)

  • 「イースト・コースト・ベースボールフリークス」収録29回目
  • 2009年を最後に引退するMLBコミッショナーのバド・セリグ氏 その後任は誰なんでしょうか?まさか「W」も候補なの?
  • フィラデルフィア・フィリーズのチェイス・アットリー選手、7年総額8500万ドルで契約延長。実働3年のアットリー選手、50万ドルの年俸だった昨シーズンから大きくステップアップ。同僚のハワードはいくらもらえるの?
  • 2008年度のオールスターゲーム開催地にヤンキースタジアムが決定。「ベーブ・ルースの建てた家」もいよいよ見納めです。
  • フェンウェイパーク、今シーズンから3万9928席に。それでも難しいチケットの入手。
  • ロジャー・クレメンスの獲得に動くニューヨーク・ヤンキース、カノー選手は背番号を「22」から「24」に。
  • 「クレメンス・キラー」といえばやっぱトロッティでしょう。イメージだけじゃなく、数字も立派なもの。
  • ミルウォーキー・ブルワーズからFAとなった大家友和投手、トロント・ブルージェイズと1年契約で基本合意。
  • 先日タンパベイ・デビルレイズからメジャー契約を解除された森慎二投手は、デビルレイズとマイナー契約。
  • アメリカン・リーグの東地区でプレーする日本人選手がこんなに増えちゃいました。
  • シカゴ・カブス、ノートルダム大学のジェフ・サマルジヤ投手と5年総額1000万ドルで獲得。大学アメフトでも有名選手だったサマルジヤ投手、2足のわらじを履く日は来るのだろうか?
  • フェンウェイ・パークとヤンキースタジアムで行われる試合のチケットがまもなく発売です!
  • 今日の音楽はThe New AmsterdamsでHanging On For Hope (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP068.mp3

JBP067 ボンズ薬物陽性?ソーサ復帰か。大塚、田口調停回避

2007年1月18日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 67
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 67

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007-01-18)

  • 「イースト・コースト・ベースボール・フリークス」収録28回目
  • 2週間ぶりの放送です。これからもヨロシクお願いいたします!
  • フロリダからボストンに戻ったダイゴ。自宅に届けられた速達便をあけてビックリ。
  • バリー・ボンズ選手、昨年の薬物検査でアンフェタミン陽性反応とNY紙。
  • ギャリー・シェフィールド選手も近く発売される自伝で、ボンズ選手の「秘密のクスリ」に言及。
  • 殿堂入りを果たしたカル・リプケン氏、ボルチモア・オリオールズの買収に興味。
  • 1年のブランクはどう影響するか。サミー・ソーサ選手がテキサス・レンジャーズとマイナー契約。
  • 大塚晶則選手と田口壮選手、年棒調停を回避。それぞれの所属球団と契約を結ぶ。
  • FAでやってきたエリック・ガニエ投手のクローザー起用が確実視される中、大塚選手の今後の動向に注目。
  • そもそも年棒調停って何なの?
  • 今日の音楽はシカゴの3人組バンドAlkaline TrioのMercy Meという曲です。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP067.mp3

編集後記:ベッカムは旋風を巻き起こすか?

2007年1月12日 金曜日

今週はポッドキャスティングを1週間だけお休みさせてもらっていますが、その間にも色々とニュースが入ってきているようですね。僕は11日の早朝まで、ブッシュ大統領のテレビ演説に関するニュースで本業の方が忙しかったんですが、仕事を終えて一眠りし、11日の朝9時頃に目を覚ますとビックリ。毎朝飲むブラック・コーヒー以上に僕の目を覚まさせてくれたのが2つのスポーツ・ニュース。ニューヨーク・デイリー・ニュース紙がスクープとして報じたバリー・ボンズ選手のアンフェタミン使用と、日本でもよく知られたフットボール選手であるデービッド・ベッカムのロサンゼルス移籍に関する2つの話でした。

ボンズが使用していたとされるアンフェタミン。これは筋肉増強剤ではなく、興奮作用を高める薬で、もっとハッキリと言えば覚醒剤の一種です。スピードなんていう別の呼び名もありますが、以前に白人の貧困層の間で爆的に流行したため、「レッドネックス・ドラッグ」なんていう言葉でも通じるほど。ボンズ選手はアンフェタミン使用に関して、肯定も否定もしない態度をとり続けていますが、現在のMLBのルールはアンフェタミン使用者は1回目は罰せられないという寛大なもので、昨年行われたドーピング検査でアンフェタミン使用が発覚したボンズ選手は普通にプレーを続けていた前出のデイリー・ニュース紙は報じています。

メジャーリーガーの薬物汚染に関してここで長々と書くつもりはありませんが、選手会や機構側が薬物(それが合法なものであっても、スポーツ界では議論を呼びそうなものを含めて)に対して甘すぎるルールを定めている以上、事態が好転することはないでしょう。昨年実施された世論調査の中で、アメリカ国内における野球人気が僅かながら減少傾向にある事実が判明したのですが、その大きな理由として、ファンが薬物問題に愛想を尽かし始めたことがあります。機構や選手会は今後どういったアクションをとるのでしょうか?

ベッカムの話題に関しても少しだけ。日本でも5年契約で300億円近い大金が彼の懐に入るといったニュースが報じられているようですが、これには彼のスポンサー契約や肖像権なども含まれているようで、実際にロサンゼルスのチームが彼に払う年棒はもっと少ないようです。ただ、彼の年棒の額に関して各社の報道に大きな開きがあり、数億円程度と報じているメディアもあれば、FOXテレビのように年棒だけで40億円近い金額だと報じているメディアもあります。地元紙ロサンゼルス・タイムズは彼の年棒を1000万ドル程度と報じており、残りは肖像権やスポンサーからの収入でまかなわれるだろうとの事。いずれにせよ、ベッカムは今後5年間で2億5000万~2億7500万ドルを手にすると言われており、ある意味でスポーツ史上最大の移籍劇になるようです。

ベッカムが生まれた1975年なんですが、実はこの年にブラジル人スター選手ペレが当時アメリカにあった北米サッカーリーグに参戦しています。この時の彼の年棒が500万ドルといわれており、この額は当時のアメリカでもかなり大きな話題となっていたようです。メジャーリーグで100万ドルプレーヤーが初めて誕生したのが1979年のオフシーズンで、100万ドルプレーヤー第一号はノーラン・ライアンだったんですが、それよりも4年以上早く、ペレはライアンの5倍以上のサラリーを手にしていたんですね。ペレとノーラン・ライアンでは世界的な知名度が全く違うこともありますが、当時のアメリカでサッカー選手に500万ドルが支払われていた事実に驚きを隠せません。

ベッカムの移籍にはハリウッド関係者も絡んでいるようで、「アメリカン・アイドル」の生みの親として知られるサイモン・フューラー氏が大きな役割を演じたと一部のメディアは報じています。いろいろな意味で今年のアメリカ・スポーツ界で大きな話題を呼びそうなベッカムの移籍劇。5年後のアメリカ・サッカー界はどのように変化しているのでしょうか?

最後に殿堂入りを果たしたリプケン選手について一言だけ。どうも本気でボルチモア・オリオールズの買収を考えているようですね。近いうちにこの話もポッドキャスティングで紹介するかもしれないので、ご期待ください!

Written by Hirofumi Nakano

JBP066 ジト、ジャイアンツとの超大型契約。大家メッツ?他

2007年1月4日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 66
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 66

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007-01-03)

  • 「イースト・コースト・ベースボール・フリークス」収録27回目
  • オークランド・アスレチックスからFAしたバリー・ジト投手、サンフランシスコ・ジャイアンツと7年総額1億2600万ドルで合意。
  • ジトの代理人をつとめるスコット・ボラス氏には7億円以上の「手数料」が入る模様。日本球界のトップ選手が稼ぐ年棒よりも多いなんて…。
  • 昨年までセントルイス・カージナルスでプレーしたマーク・モルダー投手、注目の移籍先はテキサス・レンジャーズか?
  • ランディ・ジョンソン投手がニューヨークからアリゾナへ「里帰り」する可能性は?
  • そのジョンソン投手がニューヨーク・ヤンキースを離れた場合、空きの出た先発ローテーションに加わるのは誰?「ロケット」のニューヨーク帰還という噂も。
  • ベテラン投手の噂でもう1つ。デービッド・ウェルズ投手はジャイアンツ?
  • ミルウォーキー・ブルワーズの大家友和投手、「ミナヤ・ルート」でニューヨーク・メッツ入り?
  • レッドソックスの2004年WS制覇時の立役者キース・フォルクがインディアンズと契約。
  • マサチューセッツ州、1924年に作られた「ダフ屋行為防止法」に関する公聴会を春に実施予定。
  • お便り紹介:「K.I.」さん、「ブルームクイスト」さん。ありがとうございます。
  • お知らせ:来週一週間だけポッドキャストお休みします。
  • 今日はワシントン州のバンドDeath Cab for CutieのTitle And Registrationというの曲です。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP066.mp3

MLBブログロール

ここに自分のメジャーリーグ関連ブログをのせて欲しいと言う方は大湖まで一言メールください。

Locations of visitors to this page