2006年10月のアーカイブ

JBP055 日米野球2006 MLB選抜代表チーム選手紹介

2006年10月29日 日曜日

Listen to this podcast - Vol. 55
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 55

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-10-25)

  • 第17回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(後半)
  • 特集:日米野球2006 MLB選抜代表チーム選手紹介
  • レッドソックスのフランコーナ監督が左足の感染症で日本行きをキャンセル。収録時には後任が決まっていなかったものの、ブルース・ボウチーに決定。
  • 27人中26人決定
  • 投手:ジョー・ネーサン(ツインズ)、エリック・ベダード(オリオールズ)、ブロンソン・アローヨ(レッズ)、ジョン・ラッキー(エンゼルス)、クリス・ヤング(パドレス)、クリス・カプアーノ(ブリュワーズ)、スコット・シールズ(エンゼルス)、マイク・マイヤーズ(ヤンキース)、レイ・キング(ロッキーズ)、ブライアン・フエンテス(ロッキーズ)、以下二人は収録後に参加決定クレイ・ヘンスリー(パドレス)、ジョン・メイン(メッツ)
  • 捕手:城島 健司(マリナーズ)、ジョー・マウアー(ツインズ)、ブライアン・シュナイダー(ナショナルズ)
  • 一塁手:ライアン・ハワード(フィリーズ)、ライル・オーバーベイ(ブルージェイズ)
  • 二塁手:チェース・アットリー(フィリーズ)、井口 資仁(ホワイトソックス)
  • 遊撃手:ホセ・レイエス(メッツ)、ラファエル・ファーカル(ドジャーズ)
  • 三塁手:デービッド・ライト(メッツ)、ショーン・フィギンス(エンゼルス)
  • 外野手:アンドルー・ジョーンズ(ブレーブス)、ビル・ホール(ブリュワーズ)、ジャーメイン・ダイ(ホワイトソックス)
  • 日米の野球交流は実は110年前の1896年に始まった。
  • 1908年:3A選手中心の「リーチ・オール・アメリカン」来日
  • 1927年:ニグロリーグのロイヤル・ジャイアンツ来日
  • 1934年:メジャーリーグ選抜 来日。ルー・ゲーリッグ、ベーブ・ルース、ジミー・フォックス沢村栄治 弱冠17歳で、全米選抜チームの一員として来日したベーブルースを含むメジャー強打者4人を静岡草薙(くさなぎ)球場で4連続奪三振し、8回をルー・ゲーリッグのホームランによる1失点の好投を見せ、メジャーからの強い誘いもあったが戦前の移籍は実現しなかった。この年は例のロシア人ヴィクトル・スタルヒンも日本代表に。さらにこの年参加したキャッチャーのモリス(モー)・バーグ、実はアメリカ政府のスパイとして働いていた人物。
  • 1951年 :メジャーリーグ選抜としてジョー・ディマジオも来日。
  • おたよりは京都のレッドソックスファン、ペンネームヒロさん「若手有望株といわれるダスティン・ペドロイア選手について教えて」
  • 今週は北アイルランドのバンドThe LingusでEverydayという曲です。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP055.mp3

編集後記:新庄選手、本当にお疲れ様でした!

2006年10月27日 金曜日

今朝、関西の友人からメールがあり、そこには「新庄選手、本当にいなくなるんやね」と寂しい一文が。日本ハム・ファイターズが札幌で日本シリーズ優勝を決め、優勝の瞬間が新庄選手にとって野球生活との別れにもなったわけで、阪神タイガースの暗黒時代に文字通りの「スター」として甲子園球場を沸かせた彼の引退をワシントンから本当に寂しく感じてしまいました。実は大学時代(もう10年以上前ですね)、キャンパスの近くにあった某コンビニエンスストアで夜勤のバイトをしていた時期があったのですが、早朝に新庄選手が買い物に来た事があって、僕らは店員という身分をすっかり忘れて「シンジョー」コールを繰り返してしまいました。新庄選手、あの時は本当にごめんなさい(笑)。

名古屋で1勝したファイターズが、本拠地に戻って3連勝し、そして優勝というシナリオ。あくまで偶然ですが、今年のワールドシリーズも似たような展開になってきましたね。デトロイトでの2試合を1勝1敗で終えたカージナルスが、セントルイスに戻ってから2連勝し、気がつけばワールドシリーズ制覇にあと一歩のところまで来ました。ダイゴさん、こんな商品を見つけましたので、そろそろ購入の準備を(笑)!デトロイト側にエラーが続出した第4戦、緊張が原因なのか、それとも何か別に原因があったのか…。ただ、捕球体制に入ったセンターのグランダーソンが足を滑らしたシーンでは、前日からの雨が少なからず影響したのかなとも思い、少し可哀想にも思えたのですが。

後半のポッドキャスティングは日米野球についてです。こちらの時間で水曜日夜に収録したため、今回出場が予定されている選手の構成に変更があるかもしれませんが、どうかご了承ください。そして、その特集の中ではレッドソックスでも5年プレーした経験のある、「アメリカ版ジェームズ・ボンド」についても紹介していますので、お楽しみに!

Written by Hirofumi Nakano

JBP054 2006年WSカージナルス2、タイガース1。4戦目は降雨中止

2006年10月26日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 54
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 54

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-10-25)

  • 第17回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(前半)
  • ワールドシリーズ3戦終了。ここまででカージナルス2勝、タイガース1勝。
  • 1戦目のMVPは田口壮選手。3点のラリーを始める絶妙のバットコントロールでヒットエンドラン。
  • 2戦目MVPは「疑惑の」ケニーロジャーズ
  • 3戦目MVP。エースの貫禄、クリス・カーペンター。すごい選手に育ったけど実ははじめはぱっとしなかった?デイビッド・オルティズもそうだけど戦力外通知ももらッた遅咲きタイプの大成功。
  • ケニー・ロジャーズ「松やに」疑惑。スピットボールとは?2005年の6月14日ナシャナルズ対エンジェルズ戦、リリーフピッチャー、ブランドン・ドネリーが松やにをグローブにつけていたという前例があり、彼は退場処分。怒った監督があわや乱闘寸前の大騒ぎまで。
  • 松坂の代理人にスコット・ボラス氏が正式決定。移籍情報:ギャリー・シェフィールド選手、A-ROD選手。
  • カルロス・デルガド選手が今年度のロベルト・クレメンテ賞を受賞
  • AP通信とAOLが共同で実施した、野球人気についての世論調査の結果
  • 今日の音楽:ニュージャージーのバンドThe Bill Vivino Bandで、Change Your Mind (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP054.mp3

JBP53 カージナルス対タイガース、戦力分析

2006年10月22日 日曜日

Listen to this podcast - Vol. 53
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 53

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-10-19)

  • 第16回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(後半)
  • 特集:特集:ダイゴとひろでワールドシリ−ズ進出の2チーム(セントルイス・カージナルズとデトロイト・タイガース)について戦力分析。
  • 投手力:ケニー・ロジャーズ、大舞台で弱いという汚名返上?カージナルスにはエースのクリス・カーペンターと、アダム・ウエインライトという面白い新人クローザーもいるが、若手ベテランの噛み合ったタイガースはすごい。軍配:タイガース
  • 攻撃力:不動の主砲、MVP候補のアルバート・プホルス。監督とのトラブルや肩の負傷などを報じられているスコット・ローレン三塁手だが、依然としてリーグを代表する主砲の一人。スーパーサブ、(収録時)4打週4安打2本塁打の田口壮選手の活躍も忘れちゃいけない。タイガースも粒のそろった打線。しかし、軍配はカージナルスか。
  • 守備力(キャッチャーのみで考えました):大ベテランのイヴァン・ロドリゲスは球界を代表するキャッチャー。一方のヤディアー・モリーナは若くて現在絶好調。お兄さんが二人ともメジャーの捕手!軍配:タイガース
  • 監督:ジム・リーランドとトニー・ラルーサ、同い年ながら意外な師弟関係。キャリアではやはりラルーサだがWSでは弱い?WSでの指揮経験は1度しかないリーランド監督だが、チームからの絶大な信頼がある。軍配:ここは引き分けという結論で…。
  • 予想は?ダイゴがタイガースで、ひろがカージナルスと分かれました。今回は負けた方が罰ゲームとして、(カージナルズ三塁手の)スコット・スピージオのひげをつけた写真をこのブログにはる!ということにしましょう。
  • 今週はオランダのラッパーNicolayでI Am The Manという曲です。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP053.mp3

編集後記:「父親達の星条旗」を見て

2006年10月22日 日曜日

金曜日にクリント・イーストウッド監督の「父親達の星条旗」を見に行ってきました。我が家から歩いて10分の場所には、硫黄島記念碑があり、これは映画の中にも出てくるスポットです。もう何年も前の話ですが、「セービング・プライベート・ライアン」が公開された際、ドイツ人の友人らが「あまりにドイツ兵が非人間的に描かれている」と話していたのを覚えています。「パール・ハーバー」公開時には、ハリウッドによって作られるステレオタイプをテーマに、映画関係者に取材した事もありました。そんなわけで、実際に映画が始まるまで、その内容に期待と不安が入り混じった感情を抱いていたのですが、一言で言うと「ぜひ劇場で見てほしい秀作」でした。イーストウッド監督は80年代に海兵隊のグレナダ侵攻を描いた好戦映画を監督して全米の笑い者になった過去がありますが、今回の作品は同じ監督が作ったとは思えないほど、よくできた人間ドラマになっていました。

第二次世界大戦中、アメリカでも多くのアスリートが兵役につきました。レッド・ソックスファンの間ではテッド・ウィリアムズの話が有名ですよね。第二次世界大戦と朝鮮戦争の2つの戦争で、ウィリアムズはVMF-311と呼ばれる海兵隊の航空部隊でパイロットとして活動しています。余談ですが、同じ部隊にはのちに宇宙飛行士となるジョン・グレン氏も配属されていました。ウィリアムズはやがて「国のために戦うスーパースター」として祭り上げられ、僕がボストンで過ごした90年代後半にはアンティークの店でウィリアムズ版G.I.ジョーが売られているほどでした。イーストウッド監督の映画の中の主人公達のように、ウィリアムズもまた「戦時下のヒーロー」と称えられた時期がありましたが、彼は本心で何を思っていたのでしょうか?

Written by Hirofumi Nakano

JBP052 カージナルス、劇的第7戦を制しワールドシリーズ進出

2006年10月20日 金曜日

Listen to this podcast - Vol. 52
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 52

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-10-19)

  • 第16回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(前半)
  • 最後は見逃し三振でおわった決勝第7戦、3対1でカージナルスが勝ってワールドシリーズへ。
  • 一方のデトロイト・タイガースは4戦4勝でアスレチックスを下しワールドシリーズ進出
  • 6回表のエンディ・チャベスのナイスキャッチ、しかしその裏に流れを変えさせないジェフ・スッパンの好投
  • 今期のメッツ、よく頑張ったのだがもう一歩…。ウイリー・ランドルフ監督。
  • カブスの監督にルー・ピネラ就任。A-RODと仲が良い(同じフロリダ出身、タンパとマイアミ、マリナーズであがってきたときの監督)ということから早くもトレードの噂まで持ち上がっているが球団、選手、監督、代理人全員否定。でも結構あるかも?
  • チーム総合年棒わずか6000万ドルながらアスレチックスを地区優勝(93勝69敗)に導いたケン・モッカ監督、電撃解雇。2年契約が残っていた。一部の選手やGMビリー・ビーンとの衝突が原因らしい。テキサスやジャイアンツの監督候補になるであろう。
  • 日本ハムのトレイ・ヒルマン監督がテキサスの監督候補にあがっているが…
  • ホワイトソックスのフワン・ウリベに逮捕状が
  • 岩村のメジャー移籍希望をヤクルトが容認。ポスティングへ。黒田や松坂の評価は?カブスは日本人投手にも興味。松坂への入札、また黒田にも興味という報道まである。黒田博樹、アテネ五輪では中継ぎで活躍(収録では抑えと言ったが間違い)したのも好評価の理由。
  • 今日の音楽:ニューヨークのパンクバンドDiceで、Stretch (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP052.mp3

編集後記:というか、お知らせですな

2006年10月18日 水曜日

現地時間で明日夜に予定していた収録ですが、1日ばかり遅らせて、木曜日夜に行う事にしました。収録後に少しだけ編集を行い、ポッドキャスティングとしてアップデートするのが、金曜未明(日本時間では、金曜夕方)になるかと思います。ご存知の通り、普段ならこちらの時間で毎週水曜日の夜に収録を行っているのですが、カージナルスとメッツの試合が最後まで長引きそうな気配を見せているため、今回は収録を(3-3の成績になった場合に実施される)第7戦に合わせることにしました。

そうそう、メッツといえばフリオ・フランコ師匠の年齢が気になりますよね。47歳とも54歳とも言われているフランコ選手ですが、現役メジャー選手の中で唯一ジム・カートというピッチャーとの対戦経験があるんです。このジム・カート選手、1959年から83年まで活躍したピッチャーで、現役時代にはテッド・ウィリアムズとの対戦も何度も経験しています。つまり、現役メジャー選手で唯一テッド・ウィリアムズと対戦したピッチャーと対戦してるんですね。まさに歩く歴史教科書(笑)!これからも末永くフルスイングを見せてほしいものです。

Written by Hirofumi Nakano

JBP051 リーグ優勝決定シリーズ出場の4チームについて

2006年10月15日 日曜日

Listen to this podcast - Vol. 51
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 51

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-10-11)

  • 第15回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(後半)
  • 特集:リーグ優勝決定シリーズ出場の4チームに関する面白い話を
  • セントルイス・カージナルズといえば、主砲のアルバート・プホルス。実は1999年にレッドソックスに来る可能性もあったという話。カージナルスとアストロズのライバル関係とは?ヒントは「飲み物」です。
  • デトロイト・タイガース、昔はウルバーリンズというチーム名だった。名前の変わった理由とは?守備と投手のチーム。デトロイトのチーム防御率はア・リーグトップ。
  • ニューヨーク・メッツの日本コネクション。バレンタインを筆頭に入来、新庄、松井稼頭央、石井、柏田、吉井、野茂などなど。さらに日本で助っ人外国人だった選手も数名。
  • そして最後にオークランド・アスレチックス。いつも白い靴をはいている?そのかわったユニフォームの由来。マイナーに有望な日系アメリカ人捕手、カート・スズキ選手。
  • 今週はKorbenというロサンゼルスのバンドでSteady Foolsという曲です。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP051.mp3

編集後記:The Baseball Book

2006年10月14日 土曜日

スポーツ・イラストレーテッド誌から今週発売された「ザ・ベースボール・ブック」を金曜日の夕方にようやく手に入れました。少し前に発売のニュースを聞き、できるだけ早く本屋さんに向かおうと思っていたものの、今週は本業の方でいろいろとニュースがあり、気がつけば金曜日になっていました。野球関係の本は数多いですが、この本はベースボールが始まった頃から現在までの歴史や選手について、写真やグラフィックを多用しながら紹介しており、編集さんのセンスは感動ものです!

この本では1920年以前、そして1920年からは10年毎にオールスターチームを「The All-Decade Teams」という形で紹介していて、それぞれの時代を代表する選手が1人、綺麗なポートレート写真で紹介されています。たとえば、60年代の「顔」に選ばれたのは、ドジャースで活躍した伝説の左腕サンディ・コーファックス。2000年以降のオールスターで「顔」として選ばれたのはイチロー選手でした。オールスターでもうひとつ紹介すると、これまでの野球史から選出したチームも紹介されており、現役選手からも数名選ばれています。

もし、アマゾンなどで購入が可能なら、この本は絶対にオススメですよ!一度チェックしてみてくださいね。

Written by Hirofumi Nakano

JBP050 タイガース2連勝 リーグ優勝決定シリーズ開始

2006年10月12日 木曜日

Listen to this podcast - Vol. 50
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 50

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-10-11)

  • 第15回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(前半)
  • ショックなニュース:ヤンキースのコリー・ライドル投手、小型機でNY高層住居ビルに衝突し死亡
  • ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦と第2戦はタイガースの連勝!イヴァン・ロドリゲス、引っ張った。
  • タイガースの投手陣。ケニー・ロジャーズ、ケビン・コスナーの「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」並みの活躍?
  • ニューヨークやボストンのファンやメディアのプレッシャーはホントにすごいのか?
  • ドジャーズのジョー・バイメル、プレイオフの試合前日に利き手に深い切り傷。実はバーで飲んでいた?
  • ヤンキース、大嵐の予感。トーレは残留も、A-RODやシェフィールドの将来については噂が…。
  • 西武ライオンズ、松坂大輔選手のポスティング希望容認が濃厚に。ヤンキースか?
  • 今期FAのバリー・ジトー、制球難で価値がさがるか?
  • 今日の音楽:オクラホマ州のバンドWinter Circleで、Streetlight Flicker (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP050.mp3

MLBブログロール

ここに自分のメジャーリーグ関連ブログをのせて欲しいと言う方は大湖まで一言メールください。

Locations of visitors to this page