編集後記:ベッカムは旋風を巻き起こすか?

今週はポッドキャスティングを1週間だけお休みさせてもらっていますが、その間にも色々とニュースが入ってきているようですね。僕は11日の早朝まで、ブッシュ大統領のテレビ演説に関するニュースで本業の方が忙しかったんですが、仕事を終えて一眠りし、11日の朝9時頃に目を覚ますとビックリ。毎朝飲むブラック・コーヒー以上に僕の目を覚まさせてくれたのが2つのスポーツ・ニュース。ニューヨーク・デイリー・ニュース紙がスクープとして報じたバリー・ボンズ選手のアンフェタミン使用と、日本でもよく知られたフットボール選手であるデービッド・ベッカムのロサンゼルス移籍に関する2つの話でした。

ボンズが使用していたとされるアンフェタミン。これは筋肉増強剤ではなく、興奮作用を高める薬で、もっとハッキリと言えば覚醒剤の一種です。スピードなんていう別の呼び名もありますが、以前に白人の貧困層の間で爆的に流行したため、「レッドネックス・ドラッグ」なんていう言葉でも通じるほど。ボンズ選手はアンフェタミン使用に関して、肯定も否定もしない態度をとり続けていますが、現在のMLBのルールはアンフェタミン使用者は1回目は罰せられないという寛大なもので、昨年行われたドーピング検査でアンフェタミン使用が発覚したボンズ選手は普通にプレーを続けていた前出のデイリー・ニュース紙は報じています。

メジャーリーガーの薬物汚染に関してここで長々と書くつもりはありませんが、選手会や機構側が薬物(それが合法なものであっても、スポーツ界では議論を呼びそうなものを含めて)に対して甘すぎるルールを定めている以上、事態が好転することはないでしょう。昨年実施された世論調査の中で、アメリカ国内における野球人気が僅かながら減少傾向にある事実が判明したのですが、その大きな理由として、ファンが薬物問題に愛想を尽かし始めたことがあります。機構や選手会は今後どういったアクションをとるのでしょうか?

ベッカムの話題に関しても少しだけ。日本でも5年契約で300億円近い大金が彼の懐に入るといったニュースが報じられているようですが、これには彼のスポンサー契約や肖像権なども含まれているようで、実際にロサンゼルスのチームが彼に払う年棒はもっと少ないようです。ただ、彼の年棒の額に関して各社の報道に大きな開きがあり、数億円程度と報じているメディアもあれば、FOXテレビのように年棒だけで40億円近い金額だと報じているメディアもあります。地元紙ロサンゼルス・タイムズは彼の年棒を1000万ドル程度と報じており、残りは肖像権やスポンサーからの収入でまかなわれるだろうとの事。いずれにせよ、ベッカムは今後5年間で2億5000万~2億7500万ドルを手にすると言われており、ある意味でスポーツ史上最大の移籍劇になるようです。

ベッカムが生まれた1975年なんですが、実はこの年にブラジル人スター選手ペレが当時アメリカにあった北米サッカーリーグに参戦しています。この時の彼の年棒が500万ドルといわれており、この額は当時のアメリカでもかなり大きな話題となっていたようです。メジャーリーグで100万ドルプレーヤーが初めて誕生したのが1979年のオフシーズンで、100万ドルプレーヤー第一号はノーラン・ライアンだったんですが、それよりも4年以上早く、ペレはライアンの5倍以上のサラリーを手にしていたんですね。ペレとノーラン・ライアンでは世界的な知名度が全く違うこともありますが、当時のアメリカでサッカー選手に500万ドルが支払われていた事実に驚きを隠せません。

ベッカムの移籍にはハリウッド関係者も絡んでいるようで、「アメリカン・アイドル」の生みの親として知られるサイモン・フューラー氏が大きな役割を演じたと一部のメディアは報じています。いろいろな意味で今年のアメリカ・スポーツ界で大きな話題を呼びそうなベッカムの移籍劇。5年後のアメリカ・サッカー界はどのように変化しているのでしょうか?

最後に殿堂入りを果たしたリプケン選手について一言だけ。どうも本気でボルチモア・オリオールズの買収を考えているようですね。近いうちにこの話もポッドキャスティングで紹介するかもしれないので、ご期待ください!

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:あっという間の4日間

いやぁ、本当に時間の経つのが早かったです。木曜日にボストンに到着して、気がつけばもう日曜日夜(すでに日付が変わったため、正確には月曜日ですね)。今日は午前中に取材やリサーチで得た情報をまとめ、午後からダイゴ・ファミリーとマレーシア料理を食べに行ってきました。それからダウンタウン・クロッシングというエリアを歩いたんですが、昔と変わらない雰囲気で、学生時代を思い出しながら楽しみました。ダイゴさん、「マニー・ラミレスの家」だけど、よく考えたら、昔そこにブラジル人の友達が住んでいて、何度か遊びに行きましたよ!さすがに、パンプキン投げ大会はやらなかったけど…。

今回の滞在中、一番気になったのは、ポスティングで使われた5000万ドルが松坂選手やスコット・ボラス氏の懐に直接入ると誤解してしまっているボストニアンが少なくなかったこと。5000万ドルが独占交渉権獲得にかかった金額だとは分かっていても、それが松坂選手達への「ご祝儀」みたいなものだと信じ込んでいる人が何人もいた(もちろん、このお金は西武ライオンズに流れます)。「松坂選手への風当たりは想像以上に厳しいな」というのが僕の率直な印象だけど、その背景にはこういった誤解も存在するのではと思わずに入られなかったのです。もう1つは、ダイゴさんや地元のメディア関係者とも何度かこのテーマで話をしたんだけど、ボストンのメディアが松坂選手関連のニュースを大々的に取り上げている時期を見計らっての、球団側によるチケット価格値上げの発表。チケット価格の値上げは、例年なら大騒ぎになるようなテーマなのに、今年は完璧とも言えるタイミングで「マツザカ」の陰に隠れてしまった。松坂選手の獲得によって球団は財政的に大きなメリットがあると報じられているけど(球場内広告や観光客の増加によって)、チケット価格の値上げといった比較的ローカルな問題でも、レッドソックスのフロントは松坂選手の獲得を免罪符として用いるんじゃないかと思うようになった。

11月15日のスポーツ・イラストレーテッド誌(電子版)は、今回のポスティングにおける「勝者」と「敗者」をそれぞれ紹介している。ちなみに勝者の方は、1位:西武ライオンズ、2位:ボストン・レッドソックス、3位:日本野球機構、そして4位が「価格破壊」によって市場価値の急騰が予想されるメジャーリーグの選手達(とりわけ先発投手)となっている。敗者の1位は松坂選手本人で、2位がボストンに高額の年棒で復帰する可能性のあったロジャー・クレメンス、そして3位がスコット・ボラスという顔ぶれだ。ただ、この数日間の動きを見ていると、本当に得をしたのはレッドソックスに違いない。

月曜午後の飛行機でワシントンに戻ります。その前にノースエンドの教会に行って、近くのカフェでボストン・グローブでスポーツ記者をやっている友人とダブル・エスプレッソを飲んで(これは僕がボストンからワシントンに戻る際、必ず最後の日に行う儀式みたいなもの)、近くのペイストリーでカノッリを大量に買って持って帰ります。また、数ヵ月後に来るかもしれないけど、やっぱり僕はこの町が一番好きなんだと確認できた4日間でした。

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:ホテルのロビーで…

レッドソックスを取材するため、久しぶりにボストンに戻ってきました。16日から4日間、ボストンに滞在する予定です。さっそく、球団フロントに近い人物とも話ができ、明日以降の取材も楽しみになってきました。午後10半頃にサウスボストンにあるホテルに戻ってみると、ロビー周辺には少なくとも100人以上の日本人が。海外のホテルでこれだけの数の日本人を見たのも初めての経験だったので(しかも、ボストンで)、さすがに少々驚いてしまいました。てっきり、「同業者」かなと思ったのですが、実はボストンで毎開催されている日本人学生向けジョブ・フェアに参加するため、全米各地から来ていた日本人学生だったんです。そういえば、僕が学生に時にもありましたよ、このジョブ・フェア。学生時代が懐かしくなってしまいました。

そうそう、今日の夕方の話なんですが、ダウンタウンを歩いていたら、新作映画を撮影中のザ・ロックを見ました。テレビで見るよりも格好よかったですよ!

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:新庄選手、本当にお疲れ様でした!

今朝、関西の友人からメールがあり、そこには「新庄選手、本当にいなくなるんやね」と寂しい一文が。日本ハム・ファイターズが札幌で日本シリーズ優勝を決め、優勝の瞬間が新庄選手にとって野球生活との別れにもなったわけで、阪神タイガースの暗黒時代に文字通りの「スター」として甲子園球場を沸かせた彼の引退をワシントンから本当に寂しく感じてしまいました。実は大学時代(もう10年以上前ですね)、キャンパスの近くにあった某コンビニエンスストアで夜勤のバイトをしていた時期があったのですが、早朝に新庄選手が買い物に来た事があって、僕らは店員という身分をすっかり忘れて「シンジョー」コールを繰り返してしまいました。新庄選手、あの時は本当にごめんなさい(笑)。

名古屋で1勝したファイターズが、本拠地に戻って3連勝し、そして優勝というシナリオ。あくまで偶然ですが、今年のワールドシリーズも似たような展開になってきましたね。デトロイトでの2試合を1勝1敗で終えたカージナルスが、セントルイスに戻ってから2連勝し、気がつけばワールドシリーズ制覇にあと一歩のところまで来ました。ダイゴさん、こんな商品を見つけましたので、そろそろ購入の準備を(笑)!デトロイト側にエラーが続出した第4戦、緊張が原因なのか、それとも何か別に原因があったのか…。ただ、捕球体制に入ったセンターのグランダーソンが足を滑らしたシーンでは、前日からの雨が少なからず影響したのかなとも思い、少し可哀想にも思えたのですが。

後半のポッドキャスティングは日米野球についてです。こちらの時間で水曜日夜に収録したため、今回出場が予定されている選手の構成に変更があるかもしれませんが、どうかご了承ください。そして、その特集の中ではレッドソックスでも5年プレーした経験のある、「アメリカ版ジェームズ・ボンド」についても紹介していますので、お楽しみに!

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:「父親達の星条旗」を見て

金曜日にクリント・イーストウッド監督の「父親達の星条旗」を見に行ってきました。我が家から歩いて10分の場所には、硫黄島記念碑があり、これは映画の中にも出てくるスポットです。もう何年も前の話ですが、「セービング・プライベート・ライアン」が公開された際、ドイツ人の友人らが「あまりにドイツ兵が非人間的に描かれている」と話していたのを覚えています。「パール・ハーバー」公開時には、ハリウッドによって作られるステレオタイプをテーマに、映画関係者に取材した事もありました。そんなわけで、実際に映画が始まるまで、その内容に期待と不安が入り混じった感情を抱いていたのですが、一言で言うと「ぜひ劇場で見てほしい秀作」でした。イーストウッド監督は80年代に海兵隊のグレナダ侵攻を描いた好戦映画を監督して全米の笑い者になった過去がありますが、今回の作品は同じ監督が作ったとは思えないほど、よくできた人間ドラマになっていました。

第二次世界大戦中、アメリカでも多くのアスリートが兵役につきました。レッド・ソックスファンの間ではテッド・ウィリアムズの話が有名ですよね。第二次世界大戦と朝鮮戦争の2つの戦争で、ウィリアムズはVMF-311と呼ばれる海兵隊の航空部隊でパイロットとして活動しています。余談ですが、同じ部隊にはのちに宇宙飛行士となるジョン・グレン氏も配属されていました。ウィリアムズはやがて「国のために戦うスーパースター」として祭り上げられ、僕がボストンで過ごした90年代後半にはアンティークの店でウィリアムズ版G.I.ジョーが売られているほどでした。イーストウッド監督の映画の中の主人公達のように、ウィリアムズもまた「戦時下のヒーロー」と称えられた時期がありましたが、彼は本心で何を思っていたのでしょうか?

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:というか、お知らせですな

現地時間で明日夜に予定していた収録ですが、1日ばかり遅らせて、木曜日夜に行う事にしました。収録後に少しだけ編集を行い、ポッドキャスティングとしてアップデートするのが、金曜未明(日本時間では、金曜夕方)になるかと思います。ご存知の通り、普段ならこちらの時間で毎週水曜日の夜に収録を行っているのですが、カージナルスとメッツの試合が最後まで長引きそうな気配を見せているため、今回は収録を(3-3の成績になった場合に実施される)第7戦に合わせることにしました。

そうそう、メッツといえばフリオ・フランコ師匠の年齢が気になりますよね。47歳とも54歳とも言われているフランコ選手ですが、現役メジャー選手の中で唯一ジム・カートというピッチャーとの対戦経験があるんです。このジム・カート選手、1959年から83年まで活躍したピッチャーで、現役時代にはテッド・ウィリアムズとの対戦も何度も経験しています。つまり、現役メジャー選手で唯一テッド・ウィリアムズと対戦したピッチャーと対戦してるんですね。まさに歩く歴史教科書(笑)!これからも末永くフルスイングを見せてほしいものです。

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:The Baseball Book

スポーツ・イラストレーテッド誌から今週発売された「ザ・ベースボール・ブック」を金曜日の夕方にようやく手に入れました。少し前に発売のニュースを聞き、できるだけ早く本屋さんに向かおうと思っていたものの、今週は本業の方でいろいろとニュースがあり、気がつけば金曜日になっていました。野球関係の本は数多いですが、この本はベースボールが始まった頃から現在までの歴史や選手について、写真やグラフィックを多用しながら紹介しており、編集さんのセンスは感動ものです!

この本では1920年以前、そして1920年からは10年毎にオールスターチームを「The All-Decade Teams」という形で紹介していて、それぞれの時代を代表する選手が1人、綺麗なポートレート写真で紹介されています。たとえば、60年代の「顔」に選ばれたのは、ドジャースで活躍した伝説の左腕サンディ・コーファックス。2000年以降のオールスターで「顔」として選ばれたのはイチロー選手でした。オールスターでもうひとつ紹介すると、これまでの野球史から選出したチームも紹介されており、現役選手からも数名選ばれています。

もし、アマゾンなどで購入が可能なら、この本は絶対にオススメですよ!一度チェックしてみてくださいね。

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:ニクソン選手、6打点の大活躍!

月曜日夜、ペンタゴンの近くにあるショッピングセンターに行ってきました。もうすぐ誕生日という事もあって、「自分へのささやかなご褒美」と言い聞かせて、デパートに行って前から欲しかったゴードン・ラッシュのブーツを購入したんです。それで買い物を終わらせればよかったのに、生来の衝動買いグセが出てしまって(苦笑)、久しぶりにいろいろ回ってみました。買い物の最後に目に付いたのが有名家電店。このポッドキャスティングの影響か、PSPの野球ゲームまで買ってしまいました…。前回の日本滞在で使う理由も無く購入してしまったPSPですが、ようやく日の目を見ることに(本当にホコリをはらうほどだったんですよ)。

そんなわけで、帰宅してから「MLB06 THE SHOW」というタイトルのゲームを早速プレーしてみました。レッドソックスを選んで、さっそくデビルレイズとのエキシビジョン・ゲームを開始。なぜタンパベイですかって?初心者の僕でも勝てると思ったからです(笑)。しかし、最近のゲームはよくできてますよね。オルティスやバリテックの動きがリアルすぎて、ゲームをしながら1人で笑っていました。試合は8-5でレッドソックスの勝利。勝利投手はシリングで、セーブはもちろんパペルボンでした。MVPに選ばれたのが6打点を叩き出したトロット・ニクソンという現実離れした内容ですが、まぁゲームという事で御勘弁を。

いよいよプレーオフが始まります。今日は仕事が終わったら、そのままスポーツバーに直行する予定なんですが、今からワクワクしてますよ。「スポーティング・ニュース」誌の最新号に興味深いデータが。1995年以降のプレーオフでは、レギュラーシーズン最後の2週間で最も勝率が高かったチームが、これまでに6回ワールドシリーズに出ているそうです。逆に最後の2週間で最も勝率の低かったプレーオフ出場チームも、偶然でしょうけど6回ワールドシリーズに出ているそうです。今年はどうなるんでしょうね。

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:クレメンスの無実を祈りたい

10月2日の午前4時30分。ようやく仕事が終わりました。僕の仕事は日本時間に合わせてやる物が多いんですが、今回は取材したテープの音おこしなどもあって、日曜朝からずっと働いておりました。午前4時過ぎからラジオの中継があったんですけど、この時間帯の中継を何年もやっている経験から、本番前には必ず歯磨きをするんです。今日ももちろん、3時半頃にブラッシング(笑)。頭も冴えるし、口の中もスッキリして、声も幾分かよくなっているんじゃないかとポジティブな気分になるんです。

ただ、今日はブラッシングをしなくても睡魔に襲われないような、そんなショッキングなニュースが入ってきて(正確には2日前ですが)、今も「本当かなぁ?」と考え込んでしまう始末。自身のドーピングに関する宣誓供述を行った元ピッチャーが(ダイヤモンドバックスやヤンキースでプレーしたジェイソン・グリムズリーという選手です)、クレメンスやアンディ・ペティット、オリオールズのミゲル・テハダなどを含む6人のメジャー選手に薬物使用があったと証言。今はまだなんとも言えない状態ですが、本当ではないと信じたい気持ちでいっぱいです。

いずれ、このグリムズリー証言に関するニュースも取り上げたいと思いますが、機構側がどのような決断を下すのかにも注目したいですね。

Written by Hirofumi Nakano

編集後記:なんでだろう…

今日のタンバベイ戦はなんとか勝利したようですね。ただ、今年のレッドソックスは順位や勝率といった数字以上に、ファンに様々なフラストレーションを与えてきたような気もします。選手の怪我やトレードなど、今シーズン全体を通してみると、やはり何かが足りなかったのでは…。明日の収録では、後半の特集で「今シーズンのレッドソックスは、いったい何が問題だったのか」というテーマで色々と話していく予定です。

全てが結果論になってしまうのですが、それでも今シーズンの問題点を2人で考えてみたいと思います。収録の直前になってしまったのですが、もし今シーズンのレッドソックスのパフォーマンスに関する御意見などがありましたら、ぜひコメントをお待ちしています。ウェブサイトにコメントを残してもらっても、メールで意見を送っていただいても、どちらでも大歓迎です。また、レッドソックス・ファン以外の方でも、好調なパフォーマンスを見せた他のチームに関するコメント等があれば、ぜひお聞かせくださいね。

Written by Hirofumi Nakano