JBP164 WBC日本代表はブックメーカーの予想を超える活躍ができるか? これだけ違うWBCの特別ルールとは? 「勝つためのチーム」で大会に挑む野球の母国の意地

Listen to this podcast - Vol. 164
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 164

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年3月4日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録124回目
  • いよいよWBCがスタート!以前にもポッドキャストの中で紹介したブックメーカーによる今大会の優勝チーム予想。ベティングの本場イギリスでは有名ブックメーカーがアメリカの優勝を予想。
  • 3月4日付の夕刊フジはイギリス、オーストラリア、コスタリカのブックメーカー5社による予想を紹介。やはりダントツの優勝候補はドミニカ共和国。しかし、5社すべてで日本は日本が3位に食い込む注目度。本番ではどんな結果が?
  • WBCでは通常のルールとは異なる特別ルールが使われますが、投球数制限や登板間隔にまでルールが設けられていて、日本の高校野球とは対極的な取り決めとなってます。
  • 2回負けるとゲームオーバーになる「ダブル・エリミネーション方式」。WBCを運営するMLB機構側がアメリカ代表の決勝進出を確実なものにするために考え出した、苦肉の策?
  • そのアメリカ代表、「お祭り気分で参戦した?」前大会での失敗を教訓にして、短期決戦で活躍しそうな選手を招集。ある意味で、前大会よりもはるかに魅力的なチーム編成となっています。
  • 今週の音楽:ジョージア州のロックバンドCollective Soul 「All That I Know」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP164.mp3