JBP160 ヤンキースの元監督、回想録で恨み節を炸裂 シカゴ・カブス、9億ドルで売却へ キャプテンシーはお金に代えられない?バリテックに2年契約のオファー

Listen to this podcast - Vol. 160
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 160

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年1月28日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録120回目
  • ニューヨーク・ヤンキース前監督のジョー・トーレ氏(現ロサンゼルス・ドジャーズ監督)が2月発売の『ザ・ヤンキー・イヤーズ』という回想録(有名野球記者との共著)で古巣のヤンキースを痛烈に批判!
  • 回想録ではアレックス・ロドリゲス選手やブライアン・キャッシュマンGMらが実名で「ぶった斬り」の対象に・・・。この時期に回想録でヤンキースへの恨みつらみを吐き出したトーレ氏の真意とは?
  • また、マーク・マグワイア氏の実弟も暴露本の出版を計画中。ただ、大手出版社はあまり興味を示していない模様。
  • 経営が破綻したシカゴ・トリビューン、ついにシカゴ・カブスを9億ドルで売却へ。そのカブスは田口壮選手と門倉健をマイナー契約で獲得!
  • シカゴといえば、バラック・オバマ大統領の第2の故郷とも言うべき土地。ちなみにオバマ大統領のひいきチームはホワイトソックスで、日本でも話題になったスピーチライターのジョン・ファブロー氏は生まれてから今までずっとレッドソックス・ファン。2005年のプレーオフの頃は、仲良く仕事できたんでしょうかね?
  • ボールパークで相手投手がKOされると、ホームチームのファンがよく歌う「ヘイヘイグッバイ」の歌。1月20日のワシントンでは町を離れるためにヘリコプターに向かったブッシュ前大統領に対して、観衆がこの歌を歌ったそうです・・・。
  • ボストン・レッドソックス、主将のジェイソン・バリテック選手に2年契約をオファー。全盛期のバッティングは期待できないものの、そのキャプテンシーは必要不可欠?
  • 金融危機も少なからず影響?マニー・ラミレスやイヴァン・ロドリゲスといったベテラン選手、この時期になっても所属球団が決まらず。
  • 今週の音楽:テネシー州で活動するシンガーソングライターBrett Dennenで「Ain’t No Reason」。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP160.mp3