JBP155 クリケット大国インドに野球を根付かせたいアメリカ人プロデューサーの野望 「なぜ?」が少なくないWBCの1次予選 北欧にもあった野球リーグ

Listen to this podcast - Vol. 155
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 155

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年12月3日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録115回目
  • 今週はピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ2人のインド人選手の続報からスタート。オーディション番組を企画したアメリカ人プロデューサーはインドという巨大市場への野球の売り込みも計画中…。何とも壮大な計画じゃないですか。
  • 来年3月5日の東京での1次予選を皮切りに、WBC2009がスタート。日本は韓国、台湾、中国とA組で対戦。上位2チームがサンディエゴかマイアミで開催される2次予選に駒を進めます。
  • MLB主導の大会運営方式に疑問も。キューバやメキシコがオーストラリアと南アフリカと同じグループに組み込まれるのは、決勝までの道のりを「石橋をたたいて渡りたい」アメリカ側の思惑?
  • 参加国の中にはイタリアやオランダといったヨーロッパ勢も。実はイタリアやオランダ、さらには大会に出場しないスペインやスウェーデンにも野球のリーグはあるんです。ちなみにイタリアとドイツの野球リーグの呼称は、サッカーと同じく、それぞれセリエAとブンデスリーガというそう。
  • 抜きん出た優勝候補がいないのが今大会の特徴?アメリカ、キューバ、ドミニカ、ベネズエラ、日本、韓国…。この中から優勝チームの予想をするのはかなり難しいです。
  • 前回大会でまさかの敗戦に赤っ恥をかいてしまったアメリカ代表。パワーヒッターのライアン・ハワードや豪華なブルペン投手陣をフル活用して磐石の布陣で今大会を戦う?
  • テレビ局にとってはリスクの大きい3月。大学バスケットボール選手権に話題を独占されてしまった前回大会のように、今大会もアメリカ国内では思ったほど盛り上がらないかもしれないという懸念も。
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:12月8日からラスベガスでウインター・ミーティングが開催。これにより例年よりも動きの少ない移籍市場に変化が生じる可能性大。
  • 今週の音楽:スペインのアーティストManu Chaoで「Me Llaman Calle」
    。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP155.mp3