JBP153 ウェイクフィールドの後継者は16歳の女子高生? ペドロイアは引退までに幾つのタイトルを獲得できる? 捕手出身のワカマツ監督によって城島選手はブレイクできるか?

Listen to this podcast - Vol. 153
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 153

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年11月19日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録114回目
  • 16歳の吉田えり投手、来年から関西独立リーグの神戸9クルーズでプレー。ナックルボールを武器に、16歳の女子高生がプロとしてマウンドに登場!サイドスローのナックルに興味津々。
  • ア・リーグMVP、ナ・リーグMVPはダスティン・ペドロイア選手とアルバート・プホルス選手がそれぞれ受賞!ルーキーイヤーの昨年、見事に新人賞を獲得したペドロイア選手。2年目ですでにMVPを受賞し、来季からは完全にレッドソックスの主力です!
  • ア・リーグのサイ・ヤング賞はクリーブランド・インディアンズのクリフ・リー投手に決定。昨シーズンはマイナー降格まで経験したリー投手の見事過ぎる復活劇に脱帽。
  • 今年も日本人選手のメジャー移籍が大きな話題に。社会人野球を経てメジャーリーグでのプレーを目指す田澤純一投手に加えて、FAとなった川上・上原の北京オリンピック組、さらには大ベテランの高橋建選手も来季はアメリカでプレー?
  • 日系4世のドン・ワカマツ氏、シアトル・マリナーズの次期監督に決定。アジア系では初となるメジャーリーグの監督がついに誕生。このワカマツ氏ってどんな人?
  • ワカマツ氏がキャッチャーとしてシカゴ・ホワイトソックスでプレーした1991年といえば、ダイゴもヒロもまだ高校生でしたが、この年のタイトルホルダーには日本プロ野球とも関係のある選手達の名前がありました。
  • ケン・グリフィ選手、首都ワシントンで現役選手としては異例となる「公共外交特使」に任命。アメリカの対外的なイメージを改善するために、来年1月初旬にライス国務長官とパナマを訪問。
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:20日に日本人FA選手と各球団との交渉が解禁に。来週はアメリカは感謝祭ウイークに突入。サンクスギビング・デーの周辺に大物選手の移籍が決まる可能性も。
  • 今週の音楽:ファンク界の伝説のアーティストジョージ・クリントンで「Ain’t That Peculiar」
    。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP153.mp3