JBP132 22年ぶりにボストンの町を沸かせたのは赤靴下軍団ではなく、緑のチーム! 監督とGMの解任は低迷するチームを救えるか? 王建民投手が負傷離脱したニューヨーク・ヤンキースが狙う大物左腕

Listen to this podcast - Vol. 132
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 132

By 藤原大湖&仲野博文(収録 2008年6月18日)

  • 「イーストコースト・ベースボール・フリークス」 収録93回目
  • まずはバスケットボールの話から。ボストン・セルティックスの22年ぶりとなるNBA優勝に街は大騒ぎ!
  • 低迷する2チームで監督とGMがついに解任!シアトル・マリナーズのビル・バベシGMとニューヨーク・メッツのウィリー・ランドルフ監督がそれぞれチーム不振の責任をとらされる形で解任。
  • 2年連続で19勝をマークしたニューヨーク・ヤンキースの王建民投手が足の怪我で故障者リスト入り。最悪の場合、今季絶望の可能性も…。
  • 一方、そのヤンキースが投手陣建て直しのためにクリーブランド・インディアンズからC.C.サバシア投手をトレードで獲得するかもしれないといった仰天情報も。
  • トレードに関する噂話ではシンシナティ・レッズのケン・グリフィ選手の名前も浮上。行き先はタンパベイ・レイズ?
  • 交流戦に強いボストン・レッドソックス。その理由は?意外にも足を使った機動力野球を見せる今年のレッドソックス、イメージしづらいですが、今年は「スピード」にも注目すべき?
  • デービッド・オルティス選手の復帰は近い?すでにギブスを取り外したとの報道も。
  • 今週の成績上位者チェック
  • ベースボール・フリークス・カレンダー:試合よりも監督のコメントに期待?20日からシカゴでカブス対ホワイトソックスの3連戦。
  • 今週の音楽はニューヨークのシンガーソングライター、Chris Ayerで、「We Are Birds」です。
  • JBP132.mp3