JBP067 ボンズ薬物陽性?ソーサ復帰か。大塚、田口調停回避

Listen to this podcast - Vol. 67
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 67

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2007-01-18)

  • 「イースト・コースト・ベースボール・フリークス」収録28回目
  • 2週間ぶりの放送です。これからもヨロシクお願いいたします!
  • フロリダからボストンに戻ったダイゴ。自宅に届けられた速達便をあけてビックリ。
  • バリー・ボンズ選手、昨年の薬物検査でアンフェタミン陽性反応とNY紙。
  • ギャリー・シェフィールド選手も近く発売される自伝で、ボンズ選手の「秘密のクスリ」に言及。
  • 殿堂入りを果たしたカル・リプケン氏、ボルチモア・オリオールズの買収に興味。
  • 1年のブランクはどう影響するか。サミー・ソーサ選手がテキサス・レンジャーズとマイナー契約。
  • 大塚晶則選手と田口壮選手、年棒調停を回避。それぞれの所属球団と契約を結ぶ。
  • FAでやってきたエリック・ガニエ投手のクローザー起用が確実視される中、大塚選手の今後の動向に注目。
  • そもそも年棒調停って何なの?
  • 今日の音楽はシカゴの3人組バンドAlkaline TrioのMercy Meという曲です。(Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JBP067.mp3