編集後記:新庄選手、本当にお疲れ様でした!

今朝、関西の友人からメールがあり、そこには「新庄選手、本当にいなくなるんやね」と寂しい一文が。日本ハム・ファイターズが札幌で日本シリーズ優勝を決め、優勝の瞬間が新庄選手にとって野球生活との別れにもなったわけで、阪神タイガースの暗黒時代に文字通りの「スター」として甲子園球場を沸かせた彼の引退をワシントンから本当に寂しく感じてしまいました。実は大学時代(もう10年以上前ですね)、キャンパスの近くにあった某コンビニエンスストアで夜勤のバイトをしていた時期があったのですが、早朝に新庄選手が買い物に来た事があって、僕らは店員という身分をすっかり忘れて「シンジョー」コールを繰り返してしまいました。新庄選手、あの時は本当にごめんなさい(笑)。

名古屋で1勝したファイターズが、本拠地に戻って3連勝し、そして優勝というシナリオ。あくまで偶然ですが、今年のワールドシリーズも似たような展開になってきましたね。デトロイトでの2試合を1勝1敗で終えたカージナルスが、セントルイスに戻ってから2連勝し、気がつけばワールドシリーズ制覇にあと一歩のところまで来ました。ダイゴさん、こんな商品を見つけましたので、そろそろ購入の準備を(笑)!デトロイト側にエラーが続出した第4戦、緊張が原因なのか、それとも何か別に原因があったのか…。ただ、捕球体制に入ったセンターのグランダーソンが足を滑らしたシーンでは、前日からの雨が少なからず影響したのかなとも思い、少し可哀想にも思えたのですが。

後半のポッドキャスティングは日米野球についてです。こちらの時間で水曜日夜に収録したため、今回出場が予定されている選手の構成に変更があるかもしれませんが、どうかご了承ください。そして、その特集の中ではレッドソックスでも5年プレーした経験のある、「アメリカ版ジェームズ・ボンド」についても紹介していますので、お楽しみに!

Written by Hirofumi Nakano