編集後記:オルティスとボンズ、そしてダブル・エックス

今日から編集後記の後ろに、ちょっとしたタイトルをつけてみます。特に理由も無いんですけど、どうも見てて地味かなぁとも思うので(苦笑)。それはさておき、ワシントン・ナショナルズのアルフォンソ・ソリアーノ選手、またまた記録達成です。数日前に収録したポッドキャスティングの中で、彼がメジャー史上4人目となる「40・40」を達成したと紹介しましたが、22日にニューヨークのシェイ・スタジアムで行われた対メッツ戦で、今度は「40・40・40」を達成したんです。このもう1つの「40」なんですが、2ベースヒットの数なんです。過去に「40・40・40」を達成した選手はおらず、明日のワシントン・メディアはこの話題で盛り上がりそうですヨ!

記録といえば、やはりデービッド・オルティス。ポッドキャスティングの中ではジミー・フォックスの記録に並んだとお伝えしましたが、21日の対ツインズ戦で2本のホームランを放ち、ついにシーズン本塁打数の球団記録を更新しました。ワシントンでは中継が無いため、ボストンの友人からの電話でホームランの事を知ったのですが、オルちゃん(あえてそう呼ばせてください、今日くらいは)本当におめでとう!

20日に50号を放ち、オルティス選手がジミー・フォックス選手の記録に追いついた事は番組の中でも話しました。しかし、同じ日にジミー・フォックス絡みでもう1つの記録が達成されていたんですね(すっかり忘れていました…)。サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ選手が1923打点を記録し、メジャー通産打点記録で第5位に浮上していたんです。ジミー・フォックスの名前を同じ日に2度も聞くとは思いませんでしたが、ワシントンDCの近くで生まれたこの名選手の話も、いずれゆっくりと。フォックスのスペルにXが2つあったことから、当時は「ダブル・エックス」というニックネームで呼ばれていたようですが、本棚から球団史を取り出して、あらためて彼について学んでみようと思います。

Written by Hirofumi Nakano