JBP032 トレード、そしてレッドソックス2位転落

Listen to this podcast - Vol. 32
JapaneseBallPlayers.com Radio Vol. 32

By 藤原ダイゴ&仲野博文(収録 2006-08-05)

  • 第6回「イーストコースト・ベースボール・フリークス」(前半)
  • 「トレードデッドラインがすぎました」なんといってもヤンキース、ボビー・アブレイユ、コーリー・ライドル、クレッグ・ウイルソン獲得は大きい。他にもテキサス・レンジャーズ(カルロス・リー、マット・ステアーズ、キップ・ウエルズ)ドジャーズ(グレッグマドックス、フリオ・ルゴ)など混戦する地域での補強は見物。一方動かなかった(動けなかった?)ボストン、ミネソタ、エンジェルス、ヒューストン、吉とでるか凶とでるか?
    ボストンはロイ・オズワルト、マーク・バーリー、ロジャー・クレメンズ、アンドリュー・ジョーンズなどの大型トレードを画策していた模様。
  • 「レッドソックス2位転落」オールスター後、レッドソックス12勝11敗、ヤンキース15勝6敗で、1ゲーム差で2位に。先週の収録から黒白黒白…と現在4勝4敗。いまいちぱっとしない。相変わらず左投手に弱い。8/3木ジェイク・ウエストブルック被安打15で勝利投手は1988年以来。一方ジョッシュ・ベケットこの日3本あびて、31被本塁打。故障者リスト(DL):ジェイソン・バリテック(右膝、手術)トロット・ニクソン(右腕)その他の怪我:マイク・ロウエル(右足)ダグ・ミラベリ(左足首)移籍:元バルチモアのハビー・ロペズ捕手
  • 各部門の成績上位者紹介
  • 今日の音楽:日本からPizzi Putyで Center World (Podsafe Music Network) BGM: FTK Creative Systems
  • JapaneseBallPlayers2006-08-06a.mp3